読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分譲サンクチュアリ

雑記帳、本や映画の感想、趣味で集めたモノのレビュー

ハングオーバー3の感想 | もはや二日酔いは関係ない

今回は大ヒット悪酔い映画の決定版ハングオーバー
最終章「ハングオーバー!!! 最後の反省会」の感想を。


当時、劇場公開直前に、本シリーズを知って大いにハマっていたので
この本作も映画館で見に行って大笑いした記憶があります

やたら劇場ポスターもカッコいいものからパロったものまでありました。


先日深夜放送されていたので改めてみましたが、
熱が冷めてから見るとやっぱり無印が一番面白いですね~


本作は記憶喪失の謎解き映画ではなく、ザック・ガリフィアナキス演じる
アランの成長物語?!でありMr.チャウ(チョウ・チャン)の
スピンオフ映画である。メインキャストの他の2人は置いてけぼりな印象です。


本作はあの変態マフィアのMr.チャウが大いに絡んできており、
ある事情からチャウを捕まえなければいけなく、チャウが
ストーリーを引っ張り、ウルフパックはそれについていく感じです。


また過去作品に出てきたアクターさんも何人か登場してくれます。
1作でステュとノリで結婚しちゃった女の人とか、目覚めたら
何故かいた赤ちゃんのカルロスくんとか(大きくなった!)
その他一瞬の場面に出てきた人とか。


細かすぎて、あーそういえばいたかもって思ったぐらいw。
でもタイソンはいないんだよなぁ、2作目まで出てきたくせに。。
ちなみに記憶も飛んでいないので写真のスライドショーもラストには流れないです。


今までの思い出とか、ラストの絡みがわかるように流してくれてもよかったのにね。
後日談というかあの問題児のアランはどう変わるのかを見届ける映画ですかね。
人気シリーズなのでいちおう撮って人間関係を完結させました感が伝わります。


私はチャウの行動やセリフに半分笑えて、半分笑えない感じなので、
チャウはちょこっと出てくれるぐらいがちょうどいいと思いました。
くどいかもしれないけど終始、記憶喪失and謎解き映画をやって欲しかったですが、


とりあえず最後ホッコリするのでハングオーバーのメンバーが好きならとりあえず見ておきましょう!